アーカイブ | 8月 2016

  • オーリスタットと相性の良い料理、マテ茶で健康

    オーリスタットは脂肪の吸収を抑えてくれる薬なので、糖質が多い料理を食べてしまうとダイエット効果が得られません。オーリスタットで痩せたいならば、たんぱく質と脂質がメインの料理を食べるようにしましょう。 ダイエットにおいて脂質は敵のように思われていますが、最近の栄養学では糖質のほうが肥満の原因になると考えられています。 それは、糖質が分解されてできるブドウ糖が、血糖値を上昇させてしまうからです。血糖値が上昇すると膵臓から体脂肪を溜め込む肥満ホルモンのインシュリンが放出されてしまいます。 適量のブドウ糖であれば筋肉のグリコーゲンで消費されてしまうので問題ありませんが、多すぎるとグリコーゲンに貯蔵しきれなくなり、今度は脂肪細胞に溜め込まれて、体脂肪になってしまいます。 しかし、たんぱく質と脂質は血糖値を上昇させません。ただし、脂質はカロリーが高いので食べすぎれば蓄積した脂肪が消費されにくくなり、ダイエットにはマイナスです。 オーリスタットは摂取した脂肪のカロリーを約30%減らしてくれるので、脂っこい料理を食べた時に使うと良いでしょう。 それとともに、ダイエット効果のあるお茶を飲んでみると良いです。マテ茶もダイエット効果のあるお茶で、ミネラルや食物繊維を多く含んでいます。これにより代謝がアップしたり、整腸作用が高まってダイエット効果を得ることができます。ただし、マテ茶にはカフェインが含まれているので大量に飲むのには適しません。 肉食中心の食事だと野菜が不足するので、マテ茶でミネラルや食物繊維を補ってあげると良いでしょう。マテ茶は飲むサラダ、飲む野菜とも言われているお茶で、普段野菜の摂取量が不足しがちな人にオススメです。