30代以降のダイエットに良い紅茶とオーリスタット

30代以降になると一気に痩せにくくなると、感じる方が多いようです。
基礎代謝が高い20代では、少し食事を抜くぐらいでもダイエットに成功しますが、30代ともなると基礎代謝が低下し始めているので、なかなか痩せられません。
30代は20代と同じダイエット法を行っても、痩せられなくなるのです。
痩せる為に食事制限や運動といった方法もありますが、30代は仕事や育児、家事に忙しい世代です。
一般的なダイエット法は続きにくいでしょう。
忙しい30代のダイエットにおすすめなのが「紅茶」です。
紅茶に含まれているポリフェノールには、脂肪の吸収を抑えたり脂肪の代謝を高める効果があります。
いつも飲むお茶を紅茶に変えるだけで、痩せやすい体質になるのです。
食事の前か食後30分以内に飲むと、食事に含まれる脂肪の吸収を抑えられると言われています。
また、運度する40分から50分前に飲む事で、より脂肪燃焼効果がアップします。
食べないダイエットは健康を害してしまう恐れがありますが、紅茶ダイエットであれば健康的に痩せられるでしょう。
紅茶の他に脂肪に効くと言われているのが、オーリスタット配合薬です。
オーリスタット配合薬は、脂肪の吸収をカットできる薬で実際に海外では、肥満の治療として用いられている程、ダイエット効果に優れています。
服用する事でリパーゼという酵素の働きを阻害し、食事に含まれる脂質の約30%分をカットする事が可能です。
脂っこい食事をしても脂肪の吸収がカットされる為、太り難くなります。
紅茶ダイエット同様、オーリスタット配合薬も無理な食事制限をせずとも、痩せる効果が期待できるので30代以降のダイエット法にピッタリと言えます。